薬膳煎餅「元気」は
世界が注目する日本の三千年の食の知恵を
そして身体を立て直す知恵を
美味しいお菓子に変えて皆様にお届けするものです。
無農薬でたくましく育てられた古代米(緑米)をベースに
味と安全性に徹底的にこだわった食材を使って
一枚一枚心を込めて手作りしています。

 

  煎餅の種類は以下のとおりです。(上段5品目は従来品、下段は新商品です)
       
       
   ↓下段の商品は2012年2月からの新商品です。
     
     


●黒焼き煎餅

 
「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【 成分 】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎玄米黒焼き 
◎自家製和歌山産無農薬の3年梅干の黒焼き ◎天然羅臼昆布の焼き昆布
◎ナズナの塩 ◎国産黒ゴマ

【 説明 】
梅干の黒焼きは、古くは江戸時代に疫病から村を救った言い伝えもあり、マクロビオティックの世界では昔から「起死回生の妙薬」とも言われている極陽性の食品です。特に3年以上漬けた梅干はアミグダリンという抗癌物質ができます。これに玄米の黒焼きと羅臼昆布を焼き昆布にして一枚一枚手焼きしたお煎餅が黒焼き煎餅で、どれも体を暖め、免疫力を高め、病後の体力回復に、災害時に健康を保つための保存食に、低体温の赤ちゃんの離乳食に、体質改善にもお勧めの逸品です。マイナスのエネルギーである電磁波や放射能が心配な方にもお勧めです。

梅干しの黒焼きには次のような成分があります。

●アミグダリン(抗癌物質)
●ペリラリン(精神安定、免疫力増進)
●ムメフラール(血の浄化、新陳代謝増進、風邪の諸症状の改善)     …など

この梅干しの黒焼きは完全にらぽーむの自家製です。紀州産の無農薬梅をつけたしかも三年物の梅干しを、丸一日かけて炭にしています。黒焼き煎餅には、梅干しの黒焼きが、実に一枚あたり240mg含まれています。 そしてこのほかに同じく自家製の玄米の黒焼き、焼き昆布(ヨウ素を多く含みます)をそれぞれ240mg配合しています。
陰陽の考えからするとこの煎餅は「極陽」で、放射能の「極陰」に対してきわめて有効な食品と言えます。

【 摂取上のご注意 】
「黒焼き煎餅」は、高血圧の方や高熱を出している方の場合、摂取に注意が必要です。また猛暑等で熱中症などを起こしやすい時にもお控えください。

↓↓詳しくは下記をご参照ください。↓↓

梅干や玄米の黒焼きは非常に陽性な性質を持ち、体温を上げる作用に優れています。
この作用の為、40度前後の高熱のときや熱中症の最中の方にはお勧めできません。
それと肉食過多・カロリー過多の方の中には時には受け付けない方もおられます。
こういった方は食を改善されることをお勧めします。粗食にして火を通した野菜を多くとることをお勧めします。
血圧の高い方でも、食べておいしいと思われる方であれば問題はありませんが、肉食過多・カロリー過多で血圧が高い方はやはりこのお煎餅を受け付けないで、まれに吐き気を催すほど反応する方がいらっしゃいます。 そうなったとしても害があるわけではないのですがそういった方はその後の摂取はお控えください。
この場合、食生活の赤信号と受け止めて食を改善されるバロメーターとして頂きたいと思います。
また、熱中症になりやすい方は体力や免疫力が衰えていたり、低体温の方が多く、このような方には体が平常の体調のときに食べて、体質改善に御利用頂く事をお勧めします。

  

≪食養・豆知識≫

東北の地震で放射能汚染が人事ではなくなりました。放射能時代となってしまった今、注意すべき点をまとめると以下のようになります。

  ★塩気を摂る(味噌汁が一番)
  ★梅干(梅干は水・食・血の三毒を消す)を摂る
  ★体を陰性にする甘いもの・水気は控えめに
  ★緑茶は避け、三年番茶・黒焼き玄米茶・梅醤番茶などを摂る
  ★玄米食と一汁一菜が良い
  ★放射能の毒を消す黒焼きを食べる

⇒⇒ページトップへ



●つくし煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【 成分 】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎長野県産つくし ◎羅臼昆布
◎ナズナの塩

【 説明 】
つくしは植物の中でも最も多くカルシウムを含み、吸収もよく、骨折しやすいお年寄りや成長期のお子さんにお勧めの野草です。 このつくしに羅臼昆布を加え、ナズナの塩で味を調えた楽しく美味しいお煎餅ができました。
土壌にカルシウム成分がまったくなくても「つくしは植物の中でも最もカルシウムが多い」とは元素転換説を唱えたフランスのルイ・ケルプラン博士の説です。
カルシウム不足になるとイライラしたり子供では落ち着きのない子になります。
また、つくしの頭にはゲルマニウムという他の食材からは摂取しにくい元素が多く含まれています。
このつくしを干すとするめのような味わいがあり、薬膳煎餅はこれに羅臼昆布を粉末にして練りこんで焼いた味わい深いお煎餅です。

【 こんな方にお勧めです 】
骨粗しょう症が心配な方・成長期のお子さん・妊婦や授乳時のお母さん・骨折をした方…などにお勧めです。

⇒⇒ページトップへ



●はこべ煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【成分】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎大阪府茨木産ハコベ ◎国産金ゴマ
◎ナズナの塩

【 説明 】
ハコベは「歩いて息が切れたらハコベの汁を絞って飲むべし」と昔の人が言っていたという優れた野草です。
昔の姑やばあちゃんは嫁や娘が出産すると甘くてよい乳が出るようにとハコベをせっせと食べさせたそうです。母乳を飲ませるお母さんにお勧めのお煎餅です。 ハコベ・金ゴマ・ナズナの塩が入っています。
華奢な草ながら旺盛な生命力で冬の寒さにもびくともしない力強さで体を応援します。
ハコベにはこのほか優れた性質があります。春に生葉を採ってお試しください。

【 こんな方にお勧めです 】
授乳期のお母さんに・炎症性疾患の改善をしたい方に…


≪食養・豆知識≫

【 乳腺炎に 】 
生葉を細かく切って少量の水を入れて絞って飲む。絞りカスはシップに使う。

【 歯槽膿漏・歯肉炎 】
ハコベは土鍋で黒焼きにし、つぎに塩をフライパンで気長に焼き塩にして粉末にして混ぜ歯茎のマッサージに使う。(但し卵・砂糖を止めないと化膿は収まらない)

⇒⇒ページトップへ



●切干惣菜煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【成分】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎無農薬国産切干大根 ◎無農薬国産人参 ◎筍 ◎羅臼昆布 ◎ナズナの塩

【 説明 】 カルシウムの吸収のよくなる食材の組合せは、切干大根・人参・昆布・筍だと言われています。 カルシウム不足になりがちのお子さんやお年寄りにお勧めの美味しい惣菜煎餅です。
切干大根・切干人参・昆布・筍の素材の組合せで調理したものはカルシウムがイオン化して最も吸収しやすくなります。この組合せの惣菜を骨折した80歳のおばあさんが毎日食べて早く治癒した話があるそうです。その上、美味しさ抜群です。

【 こんな方にお勧めです 】
妊婦さん、授乳期のお母さんに・成長期の子供に・骨折したときに・骨粗しょう症が心配な方に…

   

≪食養・豆知識≫

カルシウムのイオン化に欠かせないのが筍です。特に海草と筍の食べあわせがカルシウムをイオン化して吸収をよくするポイントです。
また、切干大根は生の大根の時にはなかったカルシウムが太陽に干すことでカルシウムいっぱいになると言う優れものです。
大根だけでなく太陽に当てて干すことで色々な野菜が別物のように変身するのもまた自然の力です。

⇒⇒ページトップへ



●よもぎ煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【成分】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎大阪府産ヨモギ ◎国産黒ゴマ ◎ナズナの塩

【 説明 】
ヨモギはビタミン・ミネラルが非常に豊富で、お灸のもぐさや入浴剤に使われたり食用にされたり、実に有用な野草です。昔の人はヨモギの薬効をよく知っていて「医草」とか「塩草」等と呼び厄除けにも使っていました。

【 こんな方にお勧めです 】
血色がよくなりたい方、貧血・循環器系の症状が気になる方、黄疸などのように血液の汚れが気になる方、消化器系が弱い方、産後や病後の方に…


≪食養・豆知識≫

ヨモギは医者になかなかかかれなかった昔の人が非常に重宝した野草です。どこにでもある野草なので試してみましょう。(食用は5月頃まで)

【母乳不足に】
お餅にヨモギをつきこむと粘りが出てこれを食べるとお乳の出がよくなる。

【打撲・皮膚疾患・虫さされ・アトピーに】
生葉をすりつぶして小麦粉と練り、打撲のシップに。また、生葉をすりつぶした汁を虫さされや湿疹に

【切り傷に】
外で怪我をしたときヨモギの生葉を揉んで患部に当てるとヨモギの持つぎゅっと引き締めるしゅうれん性で傷口の止血になり、殺菌効果もあり、昔は農作業での怪我や忍者などがとっさの治療にも使っていたそうです。

⇒⇒ページトップへ



●蓮根・生姜煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【成分】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎蓮根の節の粉(九州産無農薬) 
◎生姜(国産無農薬) ◎国産天然塩(なずなの塩) ◎ナズナの塩

【 説明 】
蓮根は昔から喉飴になるなど、風邪の症状が出た時に利用された食品です。
特に蓮根の節は薬効成分を多く含んでいて、お煎餅にはこの蓮根の節の粉を用いています。
又、生姜も、痰が出る時に擦って蜂蜜に混ぜて飲んだり、体を暖める働きがあるため、風邪の時には今でも愛用されている方も多ぃと思います。
子供の頃、咳が出る時お母さんが作ってくれた記憶のある方も、いらっしゃるのではないでしょうか? 
このお煎餅は、すぐにお医者様にかかれないような時に、昔の人が家で手当をした知恵そのものをお菓子にしたものです。 ピリッと辛い生姜が効いたおいしさにもはまってしまうお煎餅です。

【 こんな方にお勧めです 】
風邪をひいた時、鼻水が出る時、花粉症やアレルギー性鼻炎の方にも、お勧めです。


≪食養・豆知識≫

●鼻水が止まらない時に蓮根を擦り卸して蓮根の汁を鼻の穴に塗ったり、喉の痛い時に蓮根を擦り卸して汁を飲んだりすると症状がおさまる。
●小さな子供には蓮根の汁に米飴などで甘味をつけてやると良い。 又、咳がひどい時には胸に生姜や和辛子を練って湿布すると楽になる。
●熱の高い時は豆腐を使って頭を冷やしたり、キャベツの葉で頭を覆うように冷やしてやると良い。

⇒⇒ページトップへ



●まこも煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【成分】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎マコモタケ(国産無農薬)  ◎たかきび(国産) ◎もちきび(国産) ◎青海苔(四万十産) ◎国産天然塩(なずなの塩)

【 説明 】
マコモは万葉の昔から人々に馴染み深い水辺の植物で、このマコモに黒母菌という菌がつくと、秋には根元にマコモタケというタケノコ状に茎が太ったものができます。これが非常に体に良く、美味しく、古来より珍味として、愛されてきました。
このマコモタケは、ケイ素を多く含み、体内や血液中の古い老廃物を取り除いてくれる優れた食材です。
マコモ煎餅には、このマコモタケを無農薬で栽培している農家から取り寄せて、らぽーむで天日干しに粉末にしたものがふんだんに入っています。
これに加えて雑穀の中でも良質な蛋白を多く含み「畑の牛肉」とも言われているタカキビとやはり優れた健康食であるモチキビを加え、香りづけに四万十川の青海苔を加え、おいしく仕上げたのがこのマコモ煎餅です。

【 こんな方にお勧めです 】
添加物や脂肪、砂糖などの多い食品で汚された体を、きれいにしたい方。
色々な症状にお勧めのお煎餅と組み合わせて召し上るのも良いと思います。


≪食養・豆知識≫

マコモはアシなどと一緒で大変浄化の力が強いものです。万葉の時代から神事やしめ縄に使われたりしており、その浄化力には昔から定評があります。
マコモの群生する所には、弱った魚や動物が集まると言われていますが、野生の動物がマコモの力を教えてくれているのでしょう。
このマコモタケを秋に沢山食べたらまっ白い尿が出て、医者に行ったら結石がなくなってたっていう人もおられます。
マコモは体を立て直す食材としてもっと一般の人たちに広がってほしいものです。

⇒⇒ページトップへ



●椎茸・根昆布煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【成分】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎干し椎茸(国産原木栽倍) ◎根昆布(国産天然)  ◎羅臼昆布(国産天然) ◎国産天然塩(なずなの塩)

【 説明 】
血圧の高い方には、椎茸や根昆布がお勧めで、この知恵をお煎餅にしてみました。
根昆布を粉にするのは中々大変でした。粉にしてもその粘着力は凄いもので普通の昆布とは比較になりません。調理器を洗う時に、へばり付いて「あゝ、この粘りが良いのだな?」という気がしました。

【 こんな方にお勧めです 】
血圧の高い方・血圧が上って頭の痛い時などにお勧めです。


≪食養・豆知識≫

●血圧が上った時、椎茸3枚位で出しを取り、根昆布を一晩水に浸けてドロドロになったものを加えて飲むと良い。

⇒⇒ページトップへ



●小豆・南瓜煎餅

「黒焼き」袋詰   「黒焼き」袋詰  

【成分】

◎「メダカのがっこう」不耕起無農薬緑米 ◎小豆粉(国産無農薬ヤンノー)  ◎南瓜(国産)  ◎菊芋(国産無農薬)  ◎羅臼昆布 ◎国産天然塩(ナズナの塩)

【 説明 】
小豆や南瓜は、すい臓や腎臓に良い成分が多く、それに天然インシュリンとか糖尿芋とも呼ばれる菊芋を加えたお煎餅です。
若杉ばあちゃんは糖尿の方によく「小豆南瓜を食べなさい」と勧められます。
この惣菜に菊芋を加えてお煎餅にしました。

【 こんな方にお勧めです 】
血糖値が気になる方、糖尿病が心配な方など


≪食養・豆知識≫

糖尿の人は一日一鉢の「小豆南瓜」を食べると良い。
「小豆南瓜」とは、まず小豆を炊いておいて、カボチャといっしょに昆布だしで炊いた惣菜のことで、この場合砂糖や味醂は使わず醤油と塩で調理すると良い。

⇒⇒ページトップへ

ページトップへ